ウーマン

症状を把握する

ハート

静養が重要です

今までは考えられなかったこととして、不眠になってしまったり、食欲不振に陥ったり、仕事をしていると動悸がするようになったり、こんな症状が出てくるようになったら、それはうつ病になっている可能性があります。うつ病までいかなかったとしても、それは適応障害になっているかもしれません。うつ病はさまざまな心の症状と体の症状が出てきます。さまざまな原因が入り組んでいますし、出てくる症状もさまざまですから、なかなか厄介な病気です。人によっては、自分がうつ病になっていることさえわからずに生活している人もいます。とにかく、普段の自分とは明らかに違うと感じたら、心療内科や精神科に足を運んで、きちんとチェックをしてもらいましょう。病気のチェックを行うことで、どうやって完治させていくことができるか、医師の参考になります。また、薬を処方する時にもその時の症状に合わせて処方していきます。よって、きちんと心療内科や精神科でするチェックはかなり重要なポイントになってきます。心療内科、または精神科に行くと、チェックすることがでいます。うつ病のチェック方法は病院により異なりますが、チェックシートのようなものに自分で記入していく方法もありますし、医師から口頭で言われたことに対して答えていく形もあります。いずれにしても、今の自分の気持ちをしっかりと書くことで、うつ病なのかどうか、どれくらいの重症度なのか等わかってきます。これがわかれば、その後の治療の進め方も決めていけます。ですから、このチェックは非常に重要なポイントです。病院では、カウンセリングを行う前に問診票を提出するのが一般的です。この問診票提出がうつ病のチェック項目になっている場合もあります。いずれにしても、きちんと自分がどんな状況なのかを把握しておくことができれば、カウンセリングの時、または医師に相談しているときは意思疎通がきちんとできるでしょう。また、最近はホームページでもうつ病のシートがたくさん出ています。これをひとまず練習として使ってみるのも良いです。